アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメリンク

相談する 悩む
確認する

正直なところ、自分で保険に入る場合、どのようなものが良いのか迷ってしまう人は多いです。それだけ細かく分かれておりますので、素人の判断ではなかなか判断できない部分も出てくるのです。このように考えてみますと、保険に加入するにあたっては、まずは相談するのが良いです。
こうした相談を引き受けてくれる窓口があります。この窓口に行きまして、どのような形で、どのような金額にものに入るのが良いかを相談するのが良いです。

見積もりをとる
相談をして、ある程度の内容がまとまりましたら、その段階で見積もりを取得します。見積もりを取得することによって、月々どれくらいの支払になっていくのかわかります。ただ、一社だけの見積もりをとるのは危険です。
複数の業者から見積もりを取得するのが良いのです。複数の業者から見積もりを取得することによって、同条件での見積もりになりますから、どこで契約を交わすか、どのような内容の契約にするか、これがはっきりと見えてきます。

 

悩む

保険に加入しているという人でも、その保障内容が適切であるか、支払う費用などについて相談したいという人は多いようです。しかし一方で、どこに相談したら良いのか分からないという人も大勢します。相談相手としてオススメなのが、ファイナンシャルプランナーです。最近では、無料で相談を受け付けている場合もあります。中立な立場で相談に応じてくれるので、恥ずかしがらず積極的に分からないことや自身の希望を伝えることが大切です。

見積もりの依頼
ファイナンシャルプランナーへの相談で納得出来る回答を得ることができた場合、次にするべきことがあります。今までの保障内容で良いと感じたら、そのまま契約を続ければ良いでしょう。しかし、そうでなかった場合には契約しているもしくは、契約しようとしている会社に見積もりを依頼することになります。希望の保障内容などを伝え、支払う費用の見積もりを依頼します。その際に大切なことは、適用となる条件や疾病などについて正しく理解するということです。
色々とある種類について
保険と一言で言いましても、色々なものがあります。自動車専用のもの、自分自身のためのもの等があります。それ以外にも色々とあります。そして、例えば自動車の保険と一言で言いましても、その中にはいろいろな内容が含まれているのです。
どのような内容のものに入るかによって、保証してくれる内容というものも異なってくるのです。そして、加入する内容によって、料金についても違いが出てくるのです。よって、自分がどのような内容のものに入るかを検討する必要があります。

 

相談する

各保険会社の営業などには必ずと言っていいほどノルマがあるために、加入するそぶりを見せるとしつこく勧誘されるといったこともあります。
しかし、FPはどこの保険会社にも属していないため、相談したからといって必ず加入するような雰囲気はありません。
もちろん提示されたプランへの加入を保留にしても、しつこい勧誘なども一切ありませんから、安心です。
FPによる無料相談を展開している会社の中には、しつこい勧誘などがあった場合には、FPの担当を後退させることをうたっているところもありますから、気軽に相談に行くことができます。
生命保険とは
日本人の約9割が何らかの保険の生命保険に加入していると言われています。しかし、実際にどのようなものであるかを理解している人は少ないのではないでしょうか。氏名保険とは、事故や災害、病気などにより収入を得ることが出来なくなった場合などに経済的な損失を埋めることが出来る制度であり、相互扶助の仕組みで成り立っていると言えます。必要な時に契約に基づいて保障額を受け取ることが出来ます。なお、保証内容は契約に応じて異なります。